将軍の栄光

<本題に入る前に独り言>


送受信をセキュリティソフトが阻害したおかげで

もう一回ページ丸ごと作り直すはめに・・・



うん、愚痴だから。

独り言だから・・




ううん。怒ってないよ。

むかついてるだけ・・・














<本題>

これから記録する記事は

去る10月5日のGMイベントです。


リアル忙しくて編集できなかったのを

2週間経て記録開始。










<ブリタニア義勇軍の召集>

b0112066_18462113.jpg


執政官エレイン殿の登場で幕を開けた第3話。
















b0112066_18472385.jpg


私が参加しなかった第2話では

ゴルモア皇帝に仕えた四将軍の一人との

戦いがあったようで

その将軍は倒したけど

今回は

その片割れがロストランドに潜伏中らしい・・・









b0112066_18512646.jpg


よろしくね(>-・)ノ で釣られて

意気揚々と戦の準備を始める

76名。










・・・みんな・・・

女性には弱いね・・・










b0112066_1851507.jpg


合戦準備中の城の中庭で

街で聞きつけたプレイヤーたちも

どやどやと参加してきて

84名以上に膨れ上がり










b0112066_18522720.jpg


執政官の指揮の下

Lavaへと進軍を開始。



進撃目標はロストランド。










b0112066_1852537.jpg


あ~・・・

これがフェルッカのLavaだったら今頃・・・



90名弱のPKKと戦うPKギルドを連想して

お祭り騒ぎになったらいいなぁと

思うのでした。









ラグラグでよくないか・・・














b0112066_18532758.jpg


ファイアダンジョンを抜けて

ロストランド入り口に達したところで

まだ後方を進軍中の部隊を待ち



その間にエレイン殿は地図で

進軍する進路を高台に登って

確認。





b0112066_18535741.jpg


部隊の前衛が進路上の

モンスターを倒して

露払いをして











b0112066_18542768.jpg


殿が追撃してくるモンスターを

蹴散らしながらゆっくりと進軍。













b0112066_18545566.jpg


そしてたどり着いた先に















b0112066_18553974.jpg


砂漠の盆地のような場所に

白いテントがひとつぽつんと

建っていました。










b0112066_18561189.jpg


そのテントの中を

図々しく入り込んで見物していると

「触るな!離れろ!」と

切れながら家主が登場。









b0112066_18563628.jpg


義勇軍の不統一にして

煌びやかな服装の群れの中

垢抜けないローブ一枚で登場した家主。



目立たなくて90人弱いるプレイヤーの中に

埋もれていくら叫んでも誰にも気づかれず

しまいには切れて見せるという

ちょっとお茶目な自称将軍でした。




b0112066_18571011.jpg


「話し合いに来たの!戦う気はないの!」と

必死に説得を試みるエレイン。




でも・・・

自称将軍は双子の兄を

第2話でぶっ殺されたことを

相当根に持っているようで

話がずっと平行線。








b0112066_18573739.jpg


紫ネームから赤ネームへ変貌し

PKとなって義勇軍へ単身

斬りかかって来たのでした。











b0112066_1857598.jpg


しかし・・

いくら強いPKとはいえ

うがった目で見れば90人弱のPKKからなる

ブリタニア義勇軍を相手にして

誰の目にも勝敗は明らかで・・・







b0112066_18582557.jpg


テントの屋根に追われて登り

まだ負けてないぞ~的な事を

散々わめき散らす自称将軍。






・・・うん。

負けてないぞ!自称将軍!!

がんばれ!










b0112066_18585245.jpg


負けん気だけは一人前の

自称将軍が屋根で喚いている間




奥の鍋にエクスプロージョン(爆発する液体)が

表面張力いっぱいに注がれているのを

家政婦ではないですが

見てしまいました・・・







b0112066_18594356.jpg


「みんな灰になれ~!」

と叫ぶ将軍。



あのナミナミと注がれたエクスプロージョンが

爆発したら義勇軍も相当喰らうだろうなと

とっさに逃げ始めたところ









b0112066_19014100.jpg


どっぐわ~~ん!

無数の火柱が爆風となって

背後から襲い掛かってきました。












その結果

被害をこうむったのは・・・



















b0112066_190434.jpg


誰あろう自称将軍ただ一人。


爆発で開いた屋根の穴から

下に落っこちて死亡なされました。





ち~ん・・・(-人-)









b0112066_1911636.jpg


爆発を幾度となく繰り返し

焼け落ちたテント跡から

焼けて炭になった書物の中に


意味深な本を一冊発見。



その他に


b0112066_1914349.jpg


b0112066_1921445.jpg


b0112066_1923174.jpg


b0112066_1924852.jpg


b0112066_193446.jpg


皇帝ゴルモアと配下の四将軍の肖像画。




織田の六将軍を彷彿とさせますな。


天下布武の名の下に

六方面軍を操り日本を席巻した織田信長のごとく

かつてこのブリタニアもゴルモアによって

かつてない脅威に曝された時期があったそうな。




今回自分で火をつけた屋根から

落っこちてまさかの自爆をした人は

この四将軍の中で双子の将軍といわれた内の

弟のほうだったそうです。





いかめしい称号にもかかわらず

やることなすことピン芸人。



なかなかお茶目な性格の将軍でした・・・





ある意味、惜しい人を亡くした・・・・









b0112066_1934675.jpg


持ち帰ったその本は

魔法でしっかりと封印されて

中が見られないとの事だったのですが・・











b0112066_1941269.jpg


ややこしいこと大嫌い

大雑把な性格と見て取れた


















b0112066_1951767.jpg


エレイン殿が力任せに・・・















b0112066_1955389.jpg


開いてしまったのでした・・・



だからページが破けて読めずに

第3話はおわり・・・


















なはずがなく・・・

















b0112066_1962479.jpg


内容は誰かによって一連の事件を

引き起こすように事細かく綴られた

作戦計画書でした。






そしてその計画書では次回侵攻目標も・・・

執政官は真っ青になって

来るべき敵侵攻作戦にあわせて

防衛作戦を練り始めたのでした。





・・・と

ここで写真はこのページにはもう

載せられないようなので

後は省きます。




終わり
[PR]
by playuo | 2007-10-19 19:06 | UO日記
<< 将軍の栄光 ~おまけ~ 八徳装備って・・・ >>